高度なテクニック

 

1人でも多くの方にインプラント治療を。

インプラント治療を行う上で大切なポイントの1つに、 「顎の骨の厚さ」 があります。歯周病の進行や、歯が抜けた状態で放置することで、歯を支える骨が失われていきます。この骨に人工の歯を埋め込むのがインプラント治療ですから、骨の量が十分なければ通常インプラント治療を行うことはできません。 しかし、当院では、1人でも多くの方にインプラント治療の素晴らしさを知っていただくため、骨の少ない方でもインプラント治療を可能にする手術に対応しています。

 

◎サイナスリフト

上顎には、上顎洞と呼ばれる空洞が存在します。骨が失われると、この空洞までの距離が狭くなり、インプラントを固定するだけのスペースがなくなります。 そこで、この空洞の膜を上へ押し上げ、できたスペースに人工的な骨を入れ、十分なスペースを確保するテクニックをサイナスリフトと言います。





上図のピンク色の線が本来の上顎洞の位置です。サイナスリフトによって黄色い線まで押し上げ、スペースを確保した上でインプラントを埋入しました。


◎ブロックグラフト

骨の幅、高さともに足りない場合に、下顎からブロック型に採取した骨を該当部にスクリューで固定します。隙間の部分には骨補填剤をつめ、吸収性の保護膜で覆って固定します。 なお、骨を採取した部分は時間がたつと骨が元に戻ります。



ページのトップに戻る

クリニックについて