一般歯科

むし歯治療

むし歯治療

初期段階のむし歯は、できるだけ削らずに済むよう、もし削る場合でも小さい範囲で済むような治療を心掛けています。可能な限りメタルフリーの素材を使用し、患者さんの体に負担がかからない方法で対応しています。

また、むし歯治療は年齢によって一人ひとり治療ゴールが異なります。患者さんの生活背景やご希望に配慮し、適切な治療方法をご提案します。

むし歯の進行状態(C1~C4)と治療方法

C1

虫歯治療

歯の表面にくぼみがみられ、くぼんだ部分に茶色い変色が始まります。茶色い部分を少し削り、レジンなどで埋める必要があります。

C2

虫歯治療

冷たいものがしみるようになります。これは、むし歯が象牙質まで達した状態で、むし歯の部分を取り除き詰め物をします。場合によっては、歯髄の保護のために薬を詰めることもあります。

C3

虫歯治療

強い痛みを感じます。むし歯菌が神経まで達した状態です。神経が細菌に侵されているため、神経を取り除く治療、もしくは根管治療が必要となります。

C4

虫歯治療

歯がグラグラしている状態です。すでに神経が死んでいる可能性があるため、放置すると最悪の場合、抜歯しなければなりません。

根管治療とは

根管治療とは

歯根部には神経がありますが、むし歯が進行して神経まで達して痛みが強くなると、やむを得ず根管内の神経を取り除く場合があります。

このとき、神経を取った後で根管内を消毒して薬を詰め、細菌が入り込まないようにする治療を根管治療と言います。

痛みが伴い時間もかかる治療ですが、根を温存することができれば天然歯を残すことができます。根管治療は、歯の寿命が大きく影響される重要な治療です。

しかし、根管治療は再発の可能性が高い治療です。そのため、症状が寛解するまで根気よく丁寧に治療を続けることが大切になります。

入れ歯(義歯)治療とは

入れ歯(義歯)治療とは

入れ歯治療は、「入れ歯を製作して入れるだけ」の簡単な治療に思われがちです。しかし、入れ歯は義手や義足と同じように、歯を失った箇所を元通りに再現できるよう義歯(入れ歯)を入れる治療です。

当院では、歯科技工士と歯科医師、患者さんの3者によるカウンセリングの場を設け、年齢や食生活、審美的なご希望などを細かくお聞きした上で、患者さんの状態に合わせて入れ歯を製作します。

小児歯科治療とは

小児歯科治療とは

当院では無理やり治療を行うのではなく、しっかりとお子さんに治療内容を説明した上で治療を行っています。歯の治療が苦手なお子さんでも、何回も練習していただき成功体験も増やすことで自信や成長につなげていくようにしています。特に、6歳までにむし歯になるお子さんは、ご両親やご家族が要因になっている場合もあります。そのため、ご家族の方にも食習慣やおやつのとり方などをアドバイスしています。

小児矯正治療とは

小児矯正は、成長期のお子さんに適応可能で、永久歯での矯正治療をより簡単にする予防的な矯正治療です。永久歯が正しく噛み合うように顎の成長促進・抑制のコントロールができる上、小さいうちから自分の歯に関心を持つことで、むし歯の予防に大きく貢献します。

きれいな歯並びは、歯磨きしやすい口腔環境にもつながります。お子さんの口腔内が心配な場合は、ぜひ一度来院ください。

歯科口腔外科とは

歯科口腔外科とは

歯科口腔外科では、口腔内やその周囲の外科処置を専門に行います。歯ぐきの切開や親知らずの抜歯だけでなく、上顎洞炎、顎骨周囲の骨折、顎の疾患、口唇裂や口蓋裂、口腔がんにも対応します。当院では、早期発見が可能なベルスコープを用いた口腔がんの検査を行っています。

歯科口腔外科の領域

歯科口腔外科では、口腔内の炎症や顎顔面の外傷、良性・悪性腫瘍、口唇裂・口蓋裂などの先天異常、顎変形症などの骨格性の不正咬合、口腔粘膜疾患、嚢胞、唾液腺の疾患、神経疾患、顎関節の疾患など、さまざまな外科治療を行っています。