目立ちにくい矯正歯科治療

目立ちにくい矯正歯科治療

矯正治療の重要性

矯正治療の重要性

歯並びが悪いと見た目が悪くなるだけでなく、噛み合わせが全身の健康にも影響を及ぼすことが分かっています。

むし歯・歯周病


磨き残しができやすくなるため、むし歯や歯周病にかかりやすくなります。

顎の痛み


顎が前後左右に動くときに痛みを感じ、顎関節症を悪化させます。

発音


歯と歯の隙間が大きい場合、歯が内側に倒れている場合など、正しい舌の動きができないために発音がおかしくなることがあります。

見た目への影響


人と話をするときなど、口元が気になってうまく話せなかったり、思い切り笑うことができなかったりと、自信を失う原因になります。

全身への影響


噛み合わせの悪さは、肩こりや腰痛、姿勢の悪さなどとも深く関わっています。

総合歯科医院で矯正歯科治療を行うメリット

総合歯科医院で矯正歯科治療を行うメリット

総合歯科医院は、お口の中のことを全て見ることができます。
そのため、矯正治療中にお口の中にむし歯や歯周病などの不具合が出た場合も、すぐに対処することが可能です。
また、矯正治療をしたい人だけでなく、矯正治療をすることで問題が解決できる口腔環境の方にも、矯正治療の提案をすることができます。他の治療と並行しながら口腔内のトータル診療を行い、口腔内を健康な状態に導くことができるのが総合歯科医院のメリットです。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、アライン社が開発した治療システムです。臨床データをもとにした治療計画をデジタル上で作成します。3Dシミュレーションで、治療前後の歯の動きを確認でき、再現性が高いことが特徴です。マウスピース型矯正装置(インビザライン)は透明なため、「付けている装置が目立ちにくい」「自分自身で取り外すことが可能」「金属アレルギーの心配がない」「通院回数が少なくなる」などの利点があります。

ワイヤー矯正とマウスピース型矯正装置(インビザライン)の違い

マウスピース型矯正装置(インビザライン)のメリット

マウスピース型矯正装置(インビザライン)のメリット
  • 3Dシミュレーションシステムで事前に歯の動きを確できる
  • 矯正装置が目立ちにくく、取り外しが可能
  • ワイヤー矯正に比べて通院回数が少ない
  • 取り外しができるため、むし歯や歯周病になりにくい
  • 金属アレルギーの方でも安心して治療できる
  • 激しいスポーツをしても口腔内に傷がつくリスクが少ない

症状別

ガタガタの歯並び(叢生)

ガタガタの歯並び(叢生)

上の歯と下の歯の並びがガタガタ(歯の叢生)になっている状態です。ガタガタの歯並びの場合、歯ブラシが難しくむし歯になりやすいです。

出っ歯(上顎前出)

出っ歯(上顎前出)

上顎の歯並び全体が前に出ている状態で、口を閉じようとしても歯が邪魔してしまうのが特徴です。口を閉じられないだけでなく、前歯で唇等を傷付ける、顔にけがをした時に歯が欠けるなどのリスク高まる可能性があります。

受け口(反対咬合)

受け口(反対咬合)

下顎の歯が上顎の歯よりも前に出てしまっている状態です。受け口の方は、食べ物を上手に噛めなくなるので、食事の際に困る場合があります。また、発音に影響が出る場合もあります。

八重歯

八重歯

糸切り歯が正常な歯並びから飛び出している状態を八重歯と言います。歯並びが乱れていると、歯磨きをしても磨き残しが出やすいので、むし歯リスクが高くなる可能性があります。

開咬

開咬

前歯が噛み合っていない状態なので、食べ物を前歯で噛み切るのが難しくなります。前歯に負担がかかる分、前歯の寿命が短くなります。また、発音にも影響が出る場合があります。

矯正歯科治療の流れ

カウンセリング

カウンセリング

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の相談・カウンセリングでは、歯並びを拝見し、治療期間や費用などの目安についてご説明します。不安や疑問がありましたら、お気軽にご相談ください。

精密検査

精密検査

顔・口腔内の写真撮影、マウスピース(アライナー)を作成するための歯型を取ります。

具体的な治療計画の説明

具体的な治療計画の説明

レントゲンなどの精密検査の結果を基に作成した3D画像で、治療開始から完了までの具体的なシミュレーションを行います。ご自分の歯が何ヶ月かけてどのように動いていくのかを、立体的な画像でご確認いただくことができます。同時に、矯正治療のスケジュールや費用のご説明をします。

治療計画のシミュレーションの確認

治療計画のシミュレーションの確認

治療計画のシミュレーションをご確認いただきます。現在の状態から矯正完了後の歯並びの流れをご確認いただき、同意がいただけましたら治療に向けてマウスピース(アライナー)の製作を始めます。

治療開始

治療開始

マウスピース(アライナー)が完成したら、治療開始となります。ご来院いただき、治療計画やマウスピース(アライナー)の取り扱い方法をご説明します。マウスピース(アライナー)は治療計画に沿って、毎日規定の時間装着していただきます。

保定期間

保定期間

歯並びが整っても治療完了ではありません。ワイヤー矯正の治療も同じですが、マウスピース型矯正装置(インビザライン)でも、後戻りを防ぐための保定期間を設けています。

きれいな歯並びが安定するよう噛み合わせや歯の状態を確認しながら、数ヶ月に1回通院していただきます。

矯正歯科治療のQ&A

Q:むし歯になりやすいの?

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、自分で簡単に外して歯磨きできるため、常に口腔内を清潔に保つことができます。また、当院は総合歯科医院であり、むし歯や歯周病の治療、クリーニングなどにも対応できる体制が整っています。

Q:マウスピースをつけたまま運動できる?

ワイヤー矯正の場合は口腔内に針金があるため、激しいスポーツなどで人と衝突したときに口の中を傷つけてしますことがあります。しかし、マウスピース型矯正装置(インビザライン)にはそのような心配はありません。

Q:マウスピース型矯正装置(インビザライン)で歯が本当に動くの?

歯が動く原理は、ワイヤー矯正と同じです。小さな力を少しずつ歯に加え、長期間かけて歯を動かします。マウスピースを用いた矯正治療は、一定日数ごとに少しずつ形の異なるマウスピースを付け替え、歯を正しい位置へ少しずつ誘導します。

Q:マウスピース型矯正装置(インビザライン)の痛みは?

矯正治療における歯の痛みは、歯の移動時の痛みのため、痛みがないとは言い切れません。新しいマウスピースに付け替えた時に違和感や窮屈感、痛みを感じる方も多くいらっしゃいますが、ワイヤー矯正に比べて少しずつ歯を移動させるため、必要以上に無理な力がかからない設計に作られています。口腔内に針金がないため、歯の移動の痛み以外は、口の中を傷つけるような、けがのリスクはないでしょう。

矯正治療相談・診査診断を行っています

当院では、マウスピース型矯正装置(インビザライン)の相談を行っています。口腔内の状態を確認し、治療を受けていただける口腔環境かどうか、金額や期間はどれくらいかかるか、メリット・デメリットはどんなものがあるかなどを詳しくご説明します。
まずは、お電話にてご相談ください。
電話番号:047-491-4618

料金について